ブログをもう一つ作りました。

ブログをもう一つ作りました。

Lotus se mana というタイトルです。

蓮は自らにより流れつく というような意味です。

ある時耳に聞こえてきた言葉で、私の造語、でもあります。

メッセージのブログでは書きたいことをばんばん無整理に書いておりますが、こちらのブログでは整理をしてあります。

過去生をどう体感してきたか、とか、私がどういう経験をしてきたか、ということも書いてあります。

よかったらお読みくださいませ。

不安意識へのスパイラル 1月5,6日をピークにしてその前後一週間

1月5.6日をピークにしてその前後一週間で不安や恐れ、心配、ドキドキ、虚無感、自己否定感に急速に陥った方

もしくは、陥ってそのまま引っ張られ続けている方、いらっしゃると思います。

これは私の観察した結果です。

現在、経済の不安定さ、気候の大幅な変動、戦乱等の不安定要因で将来への不安や人間関係の醜悪さの表面化や悪化、漠然とした不安、恐怖が集合意識的に増加しているのではないか、と思います。

人は、心にその現象に不安をもっていると、たとえ人の話をきいたりニュースでみたりしただけでも、不安が表面にでてきてしまいます。

ましてや、人類の多くが不安を抱えていると、そこに引っ張られるのはたやすいのです。

そういった人類の集合意識の影響の受け方は大きくわけて三パターンあると思っています。

1、毎日が不安定、不幸すぎて集合意識によって影響されても気付かない 毎日が変わらない

2、これまでなんとか自分自身が幸せ感を手にしようと個人的にトライし続けているのだが、良くなってきたけれどもいきなり不安に襲われる。

3、すでに不安や恐れなどを解放しきって影響されない


この中で、しんどいのは2、の部類の方たちです。

これまでの傾向をきくと、不安感が完全にぬけきっていないのは自覚しているが、日常はもうほとんど安定している。
それにもかかわらず、いきなりなにかを思い出した瞬間に不安がぶわっとではじめ、その後次々と不安に襲われる。

なにかをしようとしたときに、すぐ先の想定が暗いバージョンで思い浮かび、そのまま不安や怖さにひっぱられる。

身内や大切な人のことを思い浮かべたときに、いきなりその人に大変なことが起こるのではないか、それは自分のせいだと強烈に自己批判をはじめる。

予知的な暗いバージョンの出来事がおもい浮かぶ。


とこのような現象が起こっています。

心臓が怖くてバクバクしたり、不安に振り回されてどうしようもない感、ひっ迫感もあったりする人もいます。


この場合の対処法は、一度、腹式の深呼吸をします。その後、腹式で心地よい深い呼吸を数分しつづけ、その間はなにも考えず呼吸とその心地よさだけを体感します。

だんだん落ち着いてくると呼吸の心地よさと、なんとなくまだ対処しなくちゃいけないんじゃないかな~というこわさやドキドキの二つを感じます。ですが、だんだん二つの距離が離れていきますので、呼吸に集中し続けてください。


心地よさのほうがまさってきたら、「私のハート、今私が心地よくなるためにはどうしたい?」と問いかけてみてください。

すると、トイレに行きたい、とか、伸びをしたい、とか横になりたい、とか、コーヒー飲みたい、なにもしたくないとかなにかしら感覚的に感じますので、それをしてみてください。

ただし、それをしているときには、完全にその行為に集中して楽しんでくださいね。


その後、完全に落ち着いて少し時間がとれるようだったら、

その時の不安を少し思い出してみて、ホ オポノポノをしてみたり、ノートにわきあがる思いを書ききってください。大事なのは、すべてをノートにかききることです。かききったら、不安はなくなります。不安があるようだったらまだ書ききってないだけです。

以上になります。
posted by maya at 10:48Comment(0)日記

人はあらゆるものに縛られている 

人はあらゆるものに縛られている。

そう。見えないほどに。

自由になったといいながら、不安から行動しているのはよくあることだ。

そういうとき、私がよく質問することがある。それは

「朝、何時に起きますか?」

ということ。

そして、

「どうしてその時間に起きるのか?」

という質問から、いくつか質問していきます。

答えていく中で、自分がどれくらい縛られているのかに気付いていきます。


それくらい、体に深く刻まれているものは可視化できないんですよね。


だから、私は目が自然に覚めたとき、自分をよく観察します。

縛られてはいますが、観察して、手放し、心地よく起きます。


スピリチュアルな世界で、自分自身がどれだけ変化をしたか、どれだけレベルが高いか、ということを知らず知らずの間に気にされることもあるかもしれません。

ですが、それは一時的な満足は得られるかもしれませんが、いつも苦しみとともにあります。

それよりも、自分自身が実際に今どのように感じているか、を観察していれば、自分自身がどこにいるのかがわかります。

ではよい一日を。

まだ一日は終わりじゃ~、ないんですよね。
posted by maya at 17:57Comment(0)日記